店主貸・店主借 使い分け方は?

Pocket

1. 店主貸、店主借の会計処理

個人事業を営まれている方から 「店主貸」「店主借」についての会計処理についてご質問をよく受けます。

今回は、「店主貸」「店主借」の意味と使い方について説明します。

また、税理士等専門家に質問すると「どっちでもいいよ」・「どっちとも「店主」でいいよ」などと回答される場合もあるかと思われますが、なぜなのかについても補足したいと思います。

 

続きを読む

Pocket

会社でカードを利用する際の会計処理と注意点

Pocket

1. クレジットカードの利用

最近は、法人名義のクレジットカードをもつ事業者も増えてきたようです。クレジットカードは大変便利なものですから使い方を間違えない限り積極的に利用してもよいと考えています。

しかし、現金と違い支払った時点で取引がすべて完了というわけではありません。

そこで、クレジットカードを利用した際の処理について解説します。

 

続きを読む

Pocket

加算税の種類とその税率

Pocket

1. 加算税とは

日本は所得税・法人税・相続税などはご自身で期限内に申告し納税することになっています。

期限内に申告しなかった場合、申告した税額が本来の税額より少なかった場合などは加算税といわれる罰則に近い税が課されることになります。

今回は、これらについて簡単に整理します。

 

続きを読む

Pocket

相続税の基礎控除って何?・・・その意味と計算方法

Pocket

1. 基礎控除が下がった

平成27年1月から相続税の基礎控除が下げられました。

大きなニュースになっていたのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

さて、この基礎控除ってなんでしょうか?

相続税の基本ですが、この意味と計算方法について解説します。

 

続きを読む

Pocket

従業員のいない個人事業者が税理士に報酬を払ったら・・・源泉徴収は必要?

Pocket

1. 源泉徴収義務

事業を開始するとサラリーマンのときとは違う義務が生じます。

その一つが「源泉徴収義務」というものです。

他人に給与を払う場合、弁護士・税理士等に報酬を支払う場合、デザイナーにデザインの報酬を支払う場合などに生ずる義務です。

「源泉徴収義務」の仕組みとは・・・

相手に支払う報酬から、一定の金額を控除して支払います。

その控除した金額を税務署に支払うことになっています。

給与をもらっていたときに、税金を引かれていたのをイメージしていただくとわかりやすいですね。

 

さて、この「源泉徴収義務」・・・事業を開始した方すべてが負うのでしょうか?

 

続きを読む

Pocket